浮気相手の携帯番号

御主人や奥様の携帯電話通話明細に見知らぬ番号からの通話が頻繁にあることが判明する。
これを浮気相手との通話と判断するか?それとも仕事上の主要人物との通話と判断するか?答えを出すことは難しい。
その携帯番号に直接電話をかける「理由」がそもそも存在しないばかりか「何処でこの番号をお知りになったのですか?」
と逆に問いただされることもあるだろう。謎の携帯電話番号の人物とどのような関係なのか気がかりなまま時間ばかり過ぎてゆく・・・。

このような状況下の御主人や奥様は「決心して本人に直接問いただす」判断をしがちである。

単刀直入で思い悩む解決手段として一つの選択肢であることは間違いないだろう。
しかし、この携帯番号が浮気相手のモノであった場合には本当の事など話す訳がないのである。
多くの場合は言い訳を事前に用意し「同僚の●●だけど?どうしたの?」と切り替えされ何も言えなくなって終了である。



携帯番号調査・携帯電話番号調査で浮気相手を調べる

このように単刀直入で本当の答えが返ってくことは無いと断言できる。
浮気相手の携帯番号であったならば尚更である。
ではどのような対処がごく普通に素直な回答を引き出せるか?が問題になってくる訳だが、 正直なところ口頭で聞き出す手段は無いと言って良い。
通話に着目していては答えは得られる可能性が低いということだろう。

そこで、視点を変えて「謎の携帯電話」には通話機能だけでは無いはずであると考え、 メール機能も存在するだろうし浮気相手ならば画像を送って来ている可能性もと考えれば答えを得られる可能性は上がる。


携帯電話番号調査・携帯番号調査をするのはどんな時?

ここで問題が一つ発生する。
メールや画像を確認するために必要な「携帯を盗み見る」行為が必要になってくる。
正直なところ「携帯を盗み見る行為」には抵抗がある方が大多数である。

著者も携帯を盗み見られた経験があるが「怒りと不快感」それに「携帯を盗み見た相手への失望感」が心に残るのである。
見られた側も見る側も「誰も得のない行為」であり第一に推奨してはならない行為である。

しかし、他の可能性をいくら考えたところで真実は得られないだろう。
そこで仕方なく「御主人や奥様が入浴」している隙を狙い「携帯を少しずつ見る」行為に行き着くのである。
時間がかかる対処方法だが「一番有効でバレない」手法といえるのである。

昨今はSDカードに電話帳を記録したり大切な画像を残す傾向が強いため「まず!SDをチェック」が全てを知る近道になることだろう。
間違ってもSNSアプリを開いてしまいメッセージを既読することの無いよう順序を間違えないでいただきたい。

携帯電話番号調査は完全成功報酬制